未来予想を立てて計画的に投資先を選ぼう

投資をする際に、未来予想を立てることは必要なことの一つだといえるでしょう。何十年後かの未来のことを予想するのは意外に難しくはありません。逆に1年先のことを予想するほうが難しいと考えられます。例えば、現在では自動運転車の開発が進んでいて、すでに実証実験にも入っていますし、アメリカではすでに自動運転車が走っている州もあります。それを考えれば、10年から20年後くらいになれば、自動運転車が町中を走っているということは予想できるでしょう。未来予想というのは、割と難しくはないことなのです。

ただ、そこから投資先を選ぶとなると、かなりの情報量が必要となります。自動運転車が町中を走るようになった時に、どの企業が儲かっているのかということです。例えば、現在ではすでに地図を作るメーカーが儲かっているようです。先見の明のある人なら、かなり前から未来予想を立てて投資をしていたでしょう。これが未来を予想した投資だと考えられます。

しかし、実際にはなかなか難しいものだと言わざるを得ません。自動運転車ということを聞いて、直ぐに行動に移ることのできる人はなかなかいないものです。業界全体を調べることも必要となりますから、業界のことについて何も知らない人なら難しいでしょう。また、タイミングも重要で、狙っていた企業とは別に新しい企業が登場する可能性もあります。早過ぎるのも良くありませんし、遅すぎるとチャンスを逃してしまいます。

このように、未来の予想を立てて計画的に投資先を選ぶのは非常に難しいことなのですが、もしも当たれば非常に大きい利益を手にすることができると考えられます。それを考えれば、やはり未来のことを予想するのは誰もにとって必要なことなのです。